ワイン高価買取NAVI-あなたのワインをより高く売る-

ワインを高く売る方法―ネットオークションのメリット・デメリット

ワインはネットオークションで売れる

普段からネットオークションを使っている人も多いですよね。色んな物が安く買えるし、逆に不用品を簡単に売れます。
特に出品されている品物はバリエーション豊富で、車やバイクから「そんなもん売れるの?」と呼べるようなものまで、本当に何でも売ってます。

実はワインもネットオークションで売れる品の一つ。オークションサイトを見てみると、かなり色々な銘柄が売られているんですよ。
「いつのだよ!」と突っ込みたくなるような、ボロボロの瓶のワインに数万円の入札が入っていたりするのも、ネットオークションの面白いところです。
中には掘り出し物ワインもあったりしますし、本当にびっくりしますよ。

価値の高いワインはかなりの値がつく

特にワインは熟成年数が長いほど価値が高くて、かつ製造本数の少ない銘柄だったら一本で数万円~数十万円で取引されています。
なので自宅に眠ったワインが実は超激レア品で、例えばネットオークションに出品したら10万円で売れる可能性だってあるんです。
ネットオークションは常に大勢の人が見ていますから、その価値に気づいた人が運良く入札してくれることもあります。
ボロボロのワインが何万円・何十万円で売れたら、それはもうテンション上がりますよね!

ただし、スーパーで売ってるようなワインや、一本数百円レベルのワインはネットオークションでも滅多に売れません。落札手数料かかりますし、送料も必要ですからね。
逆に価値の高いブルゴーニュワインや、5大シャトーのような銘柄ならネットオークションで売る価値があります。上手くいけば入札額も青天井です。

手間がかかる

その反面、ネットオークションは色々と手間がかかるので注意しましょう。
例えば写真を撮影しないといけませんし、落札後は落札者とやり取りして入金確認、更にはワインの発送もしなくちゃいけません。
これが結構な手間で、買取業者を使うよりも売れるまでに時間が必要です。

途中で落札者とトラブルになる可能性もありますね。となると、トラブルに対処する手間もかかります。
例えば一方なキャンセル、入金額不足、梱包ミスで輸送中にワインが割れてしまった場合の対処など、挙げるとキリがありません。
ネットオークションにトラブルは付き物ですし、質の悪いクレーマーもいます。トラブルの対処にに不慣れな人は、よく考えてから出品して下さいね。