ワイン高価買取NAVI-あなたのワインをより高く売る-

飲んだ後でも売れる!?ワインの空瓶も売ることができる

ワインの空瓶は買取に出せる!?

業者にお酒を買取してもらう場合、通常は飲みかけのものや瓶が空っぽになったものは売れません。大半の業者が買取を拒否しています。
それも当然で、誰だって飲みかけのお酒などを買いたくないですよね。しかし、ワインに限っては空になったボトルが売れることだってあるんです。これ、本当です。

ワインの空瓶を取っている方は案外少ないですが、全部飲んでしまっても売れるお酒はめったにありません。
逆に飲みかけのワインは買取拒否される場合が多いため、もし売るなら空っぽにしてからのほうがお得ですね。
もし半分飲んだワインを売りたいなら、残り半分も飲んで瓶だけ売っちゃいましょう。こんなことができるのも、ワインならではの面白さと言えます。

高級なワインは瓶だけで数万の値がつく場合も

けど「どうして瓶が売れるのよ」って思いませんか?確かに瓶なんてゴミで処分するのが当たり前ですから、価値があるなんて思いませんよね。でもワインの場合は話が別で、瓶やラベルをコレクションしている人が沢山いるからなんです。
特にワインはラベルにより価値が変わる側面もあり、ラベル収集目的で瓶を集めている人が多いです。

空瓶は数百円~数千円と、未開封のワインを売るよりも値段は安くなります。
しかし、一部の高級なワインに関しては、空っぽになった瓶だけでも数万円の価値が付く場合もあるんです。瓶が数万円…それこそ想像つきませんよね。けれどコレクターにとってはお宝です。
高級ワインの空瓶をゴミで捨ててしまうのは、数万円を捨てるのと同じ意味になります。

箱や栓が売れるケースも!?

空瓶だけならまだしも、ワインに至っては付属品なども売却できる可能性があります。
例えばワインのボトルが入っていた箱や、コルクの栓が売れることだってあるんですよ!
何故ならラベルのみならず、箱や栓のコレクターも世界中にいるからなんです。
価値はワインの希少性などにもよりますが、瓶並の値が付くこともあります。逆に値が付かない場合も多いので注意しましょう。

ワインの中には、オリジナルの箱や栓を使っている銘柄もあります。
こうした銘柄なら、箱や栓だけでもかなりの高値になりますね。私達にとってはゴミかもしれませんが、やはりコレクター目線で見るとお宝ですよね。